美容

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットを徹底検証!なぜ髪や頭皮に良いと言われるの?

女性なら誰もが憧れる、サラサラで艶やかな髪。

それを叶えるには髪の健康を考えたシャンプーやトリートメントを選ぶことが大切です。

 

自然派コスメが人気となっている今、髪も「ノンシリコンシャンプー」が良いということで数々のノンシリコンシャンプーが販売されていますね。

 

髪の健康を考えるなら、ノンシリコンシャンプー・・・いったい何故なのかご存知ですか?

 

何となくノンシリコンシャンプーが良いと思っているものの、ノンシリコンシャンプーとは一体何なのか、どうして髪に良いのか知っている人は少ないかもしれません。

 

ノンシリコンシャンプーを選ぶ前に、ノンシリコンシャンプーは髪にどんな影響を与えるのか、知っておきたいものです。

 

そこで今回は、ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットを徹底検証しました。

ノンシリコンシャンプーのことを知り、賢くシャンプーを選んで髪の健康に役立ててくださいね!

 

ノンシリコンシャンプーとは?

シャンプーに用いられるシリコンとは、人工的に作られた髪のコーティング剤のことです。

シリコンオイルという油のような状態であり、髪のキューティクル(毛髪の表面を覆っている部分。水分やたんぱく質が出て行かないように守ったり、ツヤを与えたりしている)にくっついてコーティングすることにより、髪を指通りの良いサラサラの手触りにしてくれます。

シリコンは髪の表面をコーティングするだけなので、傷んだ髪の内部に浸透して傷みを修復するなどの機能はありません。

 

代表的なシリコンは「〜メチコン」という名前が付いていますので、成分表示を確認してみましょう。

 

シリコン成分が入っているシャンプーを「シリコンシャンプー」、シリコン成分が入っていないシャンプーを「ノンシリコンシャンプー」と呼んでいます。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

化学成分が頭皮の毛穴を塞ぐ危険がない

髪の健康は、頭皮環境が正常であってこそ実現できるもの。

シリコンが毛穴を塞ぐという事実があるもかどうかは、実は専門家の間でも意見が分かれているところです。

 

「シリコンはコーティング機能があるので頭皮の毛穴を塞いでしまい、髪の成長を妨げたり肌荒れの原因になったりする」

という説と、

「シリコンの皮膜はガーゼのように網状で通気性が良いので頭皮の毛穴を塞ぐ危険はない」

という説があるのです。

 

どちらが本当なのか、断定はできないのが現状です。

 

シリコンの皮膜が網目状であり毛穴を塞ぎにくいのは事実ですが、毛穴の状態はその人・その時によって違ってきます。

体調や体のリズムによって頭皮の新陳代謝が悪くなり、角質が肥大して毛穴の出口が狭くなっていることもあるでしょう。

シリコンは全ての場合に「毛穴を塞がない」と言い切れるのか、疑問視されているのです。

 

どちらにせよシリコンは化学物質なので、すすぎ残しで髪に蓄積されていった場合を考えてもノンシリコンであれば危険は避けられます。

頭皮環境を考えるならノンシリコンシャンプーがおすすめといえるでしょう。

 

髪が軽くなり、ボリュームが生まれる

シリコンは髪をコーティングする機能があるため、髪1本1本が重くなり、ベタつきを感じたり、髪の細い人の場合はぺちゃんこに潰れてしまうことがあります。

その点ノンシリコンシャンプーは髪が根元から立ち上がり、軽くなってボリュームが出やすいのです。

 

特に猫っ毛で悩んでいる方、年齢とともの髪のボリューム減ってきた方などは、ノンシリコンシャンプーの方が理想のスタイリングに近づくことができるでしょう。

 

カラーリングやパーマの持ちが良くなる

シリコン配合のシャンプーは、髪をコーティングして保護することによってカラーリングやパーマの薬剤が髪に浸透するのを妨げてしまいます。

また、シリコンが髪に貼りつくので髪が重くなり、パーマが伸びやすくなることも考えられます。

 

その点ノンシリコンシャンプーは、髪がコーティングされていない状態なので薬剤が良く浸透し、カラーリングやパーマがかかりやすく、その後の持ちも良いのです。

 

環境に優しい

シャンプーに配合されるシリコンは、環境への悪影響も懸念されています。

 

通常、家庭から出る排水は下水処理場にて微生物によって分解され、河川や海へと流されます。

しかしシリコンは微生物による分解ができず、そのまま流されてしまうのです。

 

シャンプーを選ぶときは髪や頭皮のことはもちろんですが、こうした環境への影響も頭に入れておきたいものですね。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリット

髪がきしむ、指通りが悪くなる

シリコンは髪をコーティングし、指通りの良いサラサラの手触りにしてくれることは前述しました。

そのシリコンが配合されていないノンシリコンシャンプーは、髪がむき出しの状態になるので、きしみやごわつきを感じることがあるかもしれません。

 

しかし、ノンシリコンシャンプーの中でも洗浄成分(界面活性剤)に何を使用するかはばらつきがあります。

「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」「スルホン酸〜」のような洗浄成分(石油系界面活性剤)は洗浄力が強力で、必要な皮脂まで洗い落としてしまうので、きしみやごわつきを余計に感じる場合があります。

また皮脂の落としすぎは頭皮環境にも悪影響を及ぼすので、洗浄成分は程よい洗浄力のアミノ酸系がおすすめです。

 

シャンプー時の摩擦で髪を傷める危険がある

シリコンのコーティング機能は、シャンプー時の摩擦によるダメージを軽くする効果ももたらします。

髪の毛を保護することで、髪の傷み、切れ毛やなどを防ぎます。

 

ノンシリコンシャンプーはコーティング機能がないため、シャンプーの際にダメージを受けやすいのです。

元々パーマやカラーを繰り返して髪が傷んでいる人は更にダメージを与える可能性もあり、きしみも強く感じることがあるようです。

 

ドライヤーやヘアアイロンの使用によるダメージを軽減できない

シャンプーに含まれるシリコンは、上記のシャンプー時のダメージ軽減の他に、ドライヤーやヘアアイロンの熱によるダメージの軽減にも役立ちます。

髪がむき出しの状態ということは、それだけ外部刺激の影響を受けやすいということなので、トリートメントでカバーするなどの工夫が必要です。

 

ノンシリコンシャンプーがおすすめなのはどんな人?

 

ノンシリコンシャンプーは、メリット・デメリット両面があることがわかりました。

では、どんな人にノンシリコンシャンプーは向いているのか、挙げてみましょう。

  • 髪が細く、ボリュームを出したい人
  • 頭皮環境を良くしたいと考えている人
  • カラーリングやパーマなどによる髪のダメージが比較的少ない人

自分の髪質やダメージの状態で判断していくことが大切なのですね。

 

健康な髪を維持し、成長させるには頭皮環境が重要です。

それを第1に考えるならノンシリコンシャンプーの使用を考えてみましょう。

 

まとめ

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットをご紹介しました。

 

ノンシリコンシャンプーは、指通りを良くしたり髪を保護するシリコンによって髪がコーティングされないため、髪が「むき出し」の状態できしみやすく、髪自体はダメージを受けやすいと言えます。

 

一方でシリコンのすすぎ残しで頭皮にダメージを与える心配がないため、頭皮環境を整えることを第一に考えるならノンシリコンシャンプーがおすすめ。

 

更に環境保護の観点から見ても、ノンシリコンシャンプーの方が優位と言えます。

 

ノンシリコンシャンプーが自分の髪に合っているのかどうかを検討し、合っていると思われた方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

※あなたにピッタリのノンシリコンシャンプーが見つかる「おすすめランキング」はコチラ!

おすすめ
【徹底比較】人気のノンシリコンシャンプーおすすめランキングTOP10!

内側から輝くような艶のある健康な髪は、それだけで女性の美しさを何倍にも引き立ててくれるもの。 いつまでも健康で美しい髪を ...

続きを見る

人気の記事

1

ダイエットと言えば酵素ドリンクですが、2017年頃から「コンブチャ」が大流行していますよね! 世界中のセレブ達が愛用して ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-美容

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.