バストアップ バストアップ・ナイトブラ

胸が小さい・谷間が出来ないのは【離れ乳】のせいかも?!改善方法あります!

投稿日:

多くの女性が悩んでいる「バストライン」

 

胸が小さいという悩みはもちろんですが、

「カップはそれなりにあるのになぜか貧相に見える・・・」

という人も。

 

あなたのバストラインを貧弱に見せているのは、もしかしたら「離れ乳」のせいかもしれません。

 

自分は「離れ乳」なのか?

なぜ「離れ乳」になってしまうのか?

「離れ乳」を改善させる方法はあるのか?

 

そのあたりを知りたいですよね!

 

そこで今回は、「離れ乳」のチェック方法、「離れ乳」になる原因、改善方法などを詳しく調べました。

 

ぜひ今後のバストケアに役立ててくださいね!

 

自分は離れ乳?今すぐチェック!

「離れ乳」という言葉自体、聞き慣れないという人も多いかもしれませんね。

離れ乳とは、その名の通り、左右のバストが離れてしまっていること。

肉が左右に流れている状態なので、実際のボリュームよりも胸が小さく見えたり、デコルテが貧相に見えたり、横幅が広がって太って見えたりしてしてしまいます。

 

とはいえ、自分が離れ乳なのかどうかすぐには分からないですよね。

 

そこで実際に離れ乳かどうかをチェックする方法があります。

 

まず、ブラジャーを付けない上半身裸の状態で、鏡の前に立ってみましょう。

腕は力を抜いて下ろしておきます。

 

両鎖骨の中心(喉の下あたり)と、両方のバストトップを線で結んでみてください。

この時、3点を結んだ形が正三角形になっているのが最も美しい理想的なバストの形と言われています。

「ゴールデントライアングル」とも呼ばれる黄金比率なんですよ。

 

3点を結んだ線が底辺の長い二等辺三角形になっている場合は「離れ乳」の可能性が高いというわけです。

 

なぜ離れ乳になってしまうの?

上のチェックで自分が離れ乳の可能性が高いとわかった人は、なぜそうなってしまったのかを探ってみましょう。

 

バストラインを支えるクーパー靭帯のダメージ

綺麗なバストラインを作る立役者「クーパー靭帯」

バストは90%が脂肪でできています。

なぜ女性の胸に脂肪が付くのかというと、乳腺を守る為。

 

思春期になると徐々に女性ホルモンの分泌が増加し、それに伴って乳腺が発達します。

赤ちゃんの為の母乳を作る大切な乳腺を外部刺激から守る為に、乳腺の発達とともにその周りに脂肪が付き始めるのです。

 

バストには筋肉がないので、ただ脂肪が付いているだけでは重力に従って垂れ下がってしまいます。

そこでバストを支えているのが「クーパー靭帯」というコラーゲンを主とする組織です。

網目のようにバストに存在し、バストを引っ張り上げて綺麗な上向きの形を保ってくれているのです。

 

クーパー靭帯は伸びたら二度と縮まない!

このクーパー靭帯は、バストが大きくなったら伸びますが、バストが小さくなった時に再び縮んでくれるかというと、そうではありません。

 

クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりしたら、二度と修復不可能。

 

バストを美しい形に支えてくれる力がなくなり、最初にバストが下へ垂れます。

さらにそれが横流れして離れ乳へと、バストラインが変化してしまうのです。

 

クーパー靭帯が伸びたり切れたりする主な原因は

  • 妊娠や授乳でバストが大きくなる
  • バストが揺れることによってダメージを受ける
  • バストの肉が横流れすることによってダメージを受ける

などが挙げられるでしょう。

 

サイズの合っていない下着の着用

バストのサイズをこまめに測っていますか?

自分のバストサイズを頭の中で固定したまま、何年も同じサイズのブラジャーを着用している、という人も多いのでは。

 

バストサイズはちょっとした体重の変化でも変わりますし、年齢とともに形も変わってきます。

 

大きすぎるブラジャーをつけるとバストがブラジャーの中で動いてしまい、クーパー靭帯にダメージを与えるほか、肉も横流れしたりはみ出したりと、理想的なラインをキープできず、離れ乳を加速させる原因になります。

 

また、小さすぎるブラジャーをつけていると脇や背中から集めた肉がバストに収まりきらずに潰されて広がってしまい、離れ乳の原因となってしまうことも。

 

適正なサイズのブラジャーをきちんと着けている人は全体の約1割というデータもあるようです。

だとすると、多くの人が下着を毎日着用するだけで離れ乳を加速させていること・・・ちょっと恐ろしいですね。

 

筋力の衰え

バスト自体に筋肉はほとんどないと前述しましたが、バスト自体の土台となっているのは「大胸筋」という筋肉です。

 

大胸筋は日常生活ではあまり使わない筋肉の一つで、運動不足や姿勢の悪さなどが重なるとさらに衰えがち。

 

バストの土台となる筋肉が衰えると、自然とバストは垂れたり離れたりしてしまいます。

 

加齢

バストを支えるクーパー靭帯も大胸筋も、年齢とともに衰えていくのは事実であり、加齢による変化に完全に抗うことは誰にもできません。

さらに乳腺も加齢とともに退化して脂肪に変わっていくため、どんどんハリが失われていきます。

 

バストラインのエイジングサインは以下のような順番で進んでいきます。

  1. デコルテ部分が削げ落ちる
  2. バストが下向きに垂れる
  3. 下垂したバストの肉が外側に流れて離れ乳になる

 

離れ乳を改善させる方法!

どうにかして改善させたい離れ乳。

美しいバストラインに近づけるために、離れ乳の改善方法について詳しく見ていきましょう。

 

シーンに合ったブラジャーを着用する

離れ乳の大きな原因の一つはクーパー靭帯の損傷でしたね。

 

クーパー靭帯のダメージを最小限に抑えるために必要なのが、「シーンに合ったブラジャーの着用」です。

 

どんな動きをするときも同じタイプのブラジャーでは、胸の揺れなどを十分に抑えることができません。

バストにどんな影響を与えるどんな動きをする場面なのか、それに合わせて、バストを守るブラジャーの機能を変える必要があるというわけです。

 

具体的な種類としては

  • 普段使いの日中用ブラジャー
  • 夜寝る時に着用するナイトブラ
  • スポーツなど激しい動きをする時に着用するスポーツブラ

この3点を用意しましょう。

 

日中用ブラジャー

普段使いのブラジャーは、主に立位を想定して作られています。

つまり上から下にかかる重力に対してバストを支える機能があるのです。

 

ワイヤーの有無、カップの大きさなど様々なブラジャーがあって迷ってしまうかもしれませんね。

離れ乳対策としては、外側に流れている肉を中央に集めやすいよう、脇が高くなっている設計のものや、下からバストを持ち上げるパッドが入ったものが適しています。

 

ナイトブラ

夜はノーブラで寝ているという人も多いかと思いますが、離れ乳対策にはNGです。

 

寝ている間は横向き、仰向け、うつ伏せなどいろいろな体勢になりますね。

バストもそれに伴い、いろいろな方向に動き、重力によって引っ張られることになります。

それがクーパー靭帯にダメージを与えたり、バストの形が潰されたりする原因となってしまうのです。

 

寝る時にはナイトブラの着用がオススメです。

 

ナイトブラは安眠を妨げないよう、着け心地が楽に作られていることはもちろん、寝ている時のあらゆる体勢に対応できるよう、肉の横流れやつぶれなどを防止する機能が備わっています。

ですから日中用のノンワイヤーブラではなく、「ナイトブラ」として販売されているものを購入しましょう。

 

スポーツブラ

スポーツなど体を激しく動かす時は、バストの揺れも激しくなることが予想されます。

スポーツブラは体の動きを妨げず、なおかつ激しい動きでもしっかりホールドできる機能が備わっています。

通気性がよく汗をかいてもすぐ乾くものが多いのも特徴です。

 

特にジョギングしたりジャンプしたりすると、バストは10cm以上激しく上下に揺れるとも言われており、クーパー靭帯のダメージも大きくなりがち。

スポーツする時はスポーツブラの着用をオススメします。

 

適正なサイズのブラジャーを着用する

ブラジャーについて、もう一つ大切なことは「サイズが合っているものを着用する」ということ。

 

脇や背中から肉を集めてきてカップに収めた時、肉がカップからはみ出しているようであればサイズが小さすぎ。

逆にカップの上部分が浮いてしまっている場合は、サイズが大きすぎです。

 

前述のようにサイズの合わないブラジャーは離れ乳の大きな原因となります。

しばらくブラジャーのサイズを見直していないという人は、早急にバストを測り直してみましょう。

 

大胸筋を鍛える

大胸筋の衰えも離れ乳を加速させるので、大胸筋を鍛えるエクササイズを日常生活に取り入れるのもオススメです。

 

大胸筋を鍛えるエクササイズとして代表的なものは腕立て伏せ

 

ジムに通ってストイックに行う必要はありませんので、家事の合間など隙間時間ができたら10回ほど行ってみましょう。

きつい場合は膝を付いて行っても良いですよ。

 

まとめ

「離れ乳」のチェック方法をはじめ、離れ乳になる原因、改善方法などを詳しくご紹介しました。

 

離れ乳は、クーパー靭帯や大胸筋などの支えを失ったバストが、下垂を経て最終的に現れる現象です。

 

バストが垂れて外側を向いているので、貧弱に見えたり老けて見えたりして損をしていることが多いのです。

 

自分が離れ乳であることがわかったら、ブラジャーの見直しなど、できることから是非対策をはじめましょう。

 

 

 

 

 

 

人気の記事

1

この記事では、1番人気のコンブチャ、「コンブチャクレンズ」を実際に飲んだ方の体験談を年代別に紹介しています。 20代、3 ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-バストアップ, バストアップ・ナイトブラ

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.