バストアップ バストアップ・ナイトブラ

垂れてしまった胸は改善できる?今すぐ自分でできる効果抜群の対策とは!

投稿日:

美しいバストラインは女性の魅力を引き立てます。

 

とわかってはいるものの、年を重ねるごとに、またはダイエットや出産・授乳を経て、バストが垂れてしまったと実感している人は多いのではないでしょうか。

今は垂れていないからと安心している人も油断は禁物。

間違ったケアをすると胸が垂れるのをどんどん加速させてしまいます。

 

 

「いつまでも美しいバストラインを保ちたい!」

 

「すでに垂れてしまった胸を整形せずに元通りに近づけたい!」

 

今回はそんな叫びに応え、垂れ胸を予防する方法と、垂れてしまった胸を改善させる方法をご紹介します。

 

美しいバストのために、ぜひチェックしておいてくださいね!

 

バストはなぜ垂れるの?

まずはバストが垂れる原因を知っておきましょう。

その原因を取り除くことが、垂れ胸予防につながります。

 

バストを支える「クーパー靭帯」のダメージ

バストは脂肪でできている、というのは皆さん聞いたことがあるかと思います。

確かにふくよかな胸には脂肪がたくさん付いています。

なぜ女性の胸に脂肪がつくのかというと、大切な乳腺を守るため。

赤ちゃんへの授乳という大切な役割を果たす乳腺がダメージを受けないよう、思春期になると女性ホルモンの働きかけでバストに脂肪がつくのです。

 

しかしただバストに脂肪が付くだけでは、重力によって下に垂れ下がってしまいます。

 

そこでバストが垂れないよう丸い形に支えているのが、バストに網状に張り巡らされた「クーパー靭帯」です。

 

クーパー靭帯はコラーゲンを主成分とした結合組織で、バストが大きくなると合わせて伸びますが、一度伸びたら縮むことはありません

さらに一度切れたら復活することもありません。

 

つまり、クーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、バストは支えを失い、垂れてしまうのです。

 

クーパー靭帯にダメージを与える主な原因としては

  • 重力や衝撃
  • 授乳
  • 締め付け
  • 加齢
  • 筋肉(大胸筋)の衰え

などが挙げられます。

 

体に合わない下着

体型やバストが変化したにもかかわらず、ずっと同じサイズのブラジャーを着けるのは、バストの下垂を加速させる原因となります。

 

ダイエットや卒乳などでバストが小さくなったのに、適正サイズよりも大きなブラジャーを着け続けていると、ブラジャーの中で胸が動いてしまう、クーパー靭帯など組織にダメージを与えてしまいます。

 

また、バストが大きくなったのに小さめのブラジャーを着け続けていると胸を押さえつけたり潰したりして組織にダメージを与えてしまいます。

 

体の変化に合わせて、ブラジャーはサイズをこまめに確認して自分に合ったものを着けることが大切なのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

バストに脂肪がつくのは、女性ホルモンの働きかけによるもの。

 

女性の体は、女性らしさに関わる「エストロゲン」と、妊娠を司る「プロゲステロン」という2つのホルモンが交互に増減することで、一定のリズム(月経周期)を保っています。

 

しかし生活習慣、栄養バランス、加齢、ストレスなどでホルモンのバランスが崩れると、バストのハリが失われ、バストが垂れる原因にもなります。

 

血行不良

体に酸素や栄養を運ぶのは血液です。

血行が悪いと体の隅々まで酸素や栄養が行きわたらず、各部分の成長が妨げられたり、機能が十分に果たせなくなってしまいます。

それはバストでも言えること。

 

血行不良によりバスト全体に栄養が行き届かないと、バストの下垂にも繋がります。

 

血行不良を引き起こす主な原因としては

  • きつい下着による締め付け
  • 冷え
  • 偏った栄養バランス
  • 悪い姿勢

などが挙げられます。

 

バストが垂れるのを防ぐために必要なこと

バストが垂れるのを防ぐには、上記の原因を取り除くことが大切。

具体的に見ていきましょう。

 

クーパー靭帯を守る第一歩は就寝時!ナイトブラの勧め

クーパー靭帯は就寝時に危険にさらされる!

バストの形を美しく支えて保っているのは「クーパー靭帯」であることを前述しました。

クーパー靭帯がダメージを受けるとバストの下垂につながるということは、クーパー靭帯に極力ダメージを与えない日常生活を送ることができれば、垂れ胸を防ぐことができるということ。

 

そこで注目したいのが「ノーブラで寝ることによるバストへのダメージ」です。

 

昼間は皆さんブラジャーを着けていると思いますが、寝る時ぐらいは解放されてノーブラで寝たい、という人も多いかもしれませんね。

でも実は、ノーブラで寝ることは、バストが垂れる大きな原因となっているんです。

 

寝ている時は仰向け・横向き・うつ伏せなど様々な体勢になるため、様々な方向からバストに重力がかかります。

それによりクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうこともあるのです。

 

ナイトブラ着用の効果

そこでお勧めなのが「就寝時のナイトブラの着用」です。

 

普通のノンワイヤーブラやカップ付きキャミソールではダメなの?と思うかもしれませんね。

寝る時に昼間用のブラジャーやカップ付きキャミソールを着用するのはお勧めしません。

というのも、昼間用のブラジャーは起き上がっていることを前提に作られているので、上から下方向にかかる重力に対してバストを下からしっかり支えるようになっているものがほとんどです。

ですから就寝時の様々な体制には対応できず、ズレてしまったり、バストの肉が横流れしたりという問題が生じます。

 

ナイトブラの機能の一つは、どんな体勢でもバストの肉をホールドして横流れやつぶれを防ぐこと。

毎日ナイトブラを着けて寝ることで、寝ている間のクーパー靭帯のダメージを抑え、バストが垂れるのを防ぐことができるのです。

 

正しい下着選び

美しいバストメイクのためにはナイトブラだけでなく、昼間のブラジャーに関しても適正なサイズのものを着用することが大前提です。

前述のようにサイズの合わないブラジャーの着用は、バストを支えるクーパー靭帯にダメージを与える原因に。

 

特に最近「カップ付きキャミソール」を楽だという理由で日常使いとしてブラジャー代わりに着用している人も多いようですが、バストをホールドしてくれないカップ付きキャミを日常使いにするのは止めましょう。

 

さらに運動する時はスポーツブラを着用することがお勧め。

スポーツブラは、激しい動きでもバストをしっかりとホールドできるよう伸縮性のある生地を使っていたり、通気性がよく汗をかいてもすぐ乾く素材だったりと、運動に特化した機能が満載です。

激しい動きをするスポーツは特に、バストが大きく揺れるもの。

バストの揺れはクーパー靭帯にダメージを与え胸の下垂にもつながるので、運動時は揺れをできるだけ抑えられて快適なスポーツブラがベストなのです。

 

女性ホルモンを意識した生活習慣

女性ホルモンで、女性らしさ、バストのふくよかな丸みやハリを与えてくれるのが、生理後〜排卵までの間に特に多く分泌されるエストロゲンです。

一方、排卵後〜生理前までの間に特に多く分泌されるプロゲステロンは、妊娠機能を司り乳腺を発達させる働きがあります。

 

どちらが多いと良いというのではなく、この2つのホルモンがバランスを保ち、正しい周期を刻むことが大切です。

 

ホルモンバランスはちょっとしたストレスなどでも乱れがちなので、完璧にというのは難しいかもしれませんが、なるべくホルモンバランスを崩さない生活を心がけてみましょう。

例えば

  • 栄養バランスの良い食事
  • 質の良い睡眠
  • 適度な運動
  • ストレス解消法を持つ

など、日々のちょっとした心がけが健やかな生活へと繋がります。

 

冷えを改善

冷え性を自覚している女性はとても多いものです。

体が冷えているということは、血行が良くないということ。

前述のように、血液がバストを含む体の隅々まで流れていないということは、酸素や栄養も送り届けられないということになります。

するとバストのハリは保たれず、垂れていくのを加速させてしまいます。

 

冷えを改善させる方法としては

  • 冷たいものを摂らない
  • 下半身や首周り、足首などを温める
  • 入浴はシャワーで済まさず湯船に浸かる
  • きつい下着で締め付けない
  • 適度な運動で筋肉をつける

などが挙げられます。

 

垂れたバストを改善させるために必要なこと

すでに垂れてしまっている胸でもバストアップが期待できる方法がいくつかあります。

詳しくご紹介していきます。

 

これ以上クーパー靭帯にダメージを与えないためのナイトブラ

繰り返しになりますが、バストを美しい形に支えているのはクーパー靭帯。

クーパー靭帯は加齢などでも衰えますし、日々のダメージである程度切れたり伸びたりするのは避けられません。

 

ただ、これ以上クーパー靭帯にダメージを与えないように心がけることで、バストの形を守ることができます。

そのために大きな効果を発揮するのがナイトブラです。

 

寝ている時の様々な方向からかかる重力はバストのクーパー靭帯に多大なダメージを与えるもの。

このダメージを軽減してくれるのがナイトブラの着用です。

 

就寝時の動きに対応できるホールド力と、質の良い眠りを妨げない着用感を併せ持ったナイトブラは、バストが垂れるのを防ぐ最も手軽で最も有効なアイテムと言えるでしょう。

 

ブラジャーで正しい位置に固定してバストアップ

日中もブラジャーでバストを上向きの美しいラインに整え、キープしてあげることも、バストアップに繋がります。

 

それにはブラジャーの正しい付け方が大切です。

ブラジャーの正しい付け方の手順は以下です。

  1. ストラップを肩にかけたら少し前に上体を倒し、脇や背中の肉をきちんと集めましょう。
  2. ホックを止めたら両手を使ってバストの肉をブラジャーのカップに収めます。
  3. 上体を起こし、横から見てアンダーのラインが水平になっていることを確認します。
    背中部分は肩甲骨の下あたりを通るのがちょうど良いでしょう。
  4. 最後にストラップの長さを調節して完成です。

 

長時間着用しているとどうしてもズレが生じるので、トイレに行った時などにブラジャーを治す癖をつけると良いですね。

 

バストの土台・大胸筋を鍛える

バストの形を支えるのはクーパー靭帯であり、一度伸びたら元に戻らないということは述べました。

一方、バスト自体の土台となっているのは「大胸筋」と呼ばれる、胸部にある筋肉です。

こちらは筋肉なので、鍛えれば量が増え、強くなります。

 

土台がしっかりしていないと、いくら上に乗っているものを整えても崩れてしまいますよね。

ですから大胸筋を鍛えることで、バストをしっかりと支えてバストアップ効果が期待できます。

 

大胸筋を鍛えるエクササイズは色々ありますが、簡単で効果が高いものを2つご紹介します。

 

合掌ポーズのエクササイズ

  1. 背筋を伸ばした姿勢で、肘を張って両掌を胸の前で合わせます。
  2. 両掌を力を入れて押し合わせ、10〜15秒ほどキープします。

この手順を10セット繰り返しましょう。

 

腕立て伏せ

ご存知の腕立て伏せも、大胸筋が効率よく鍛えられます。

つま先を立てて行う腕立て伏せがきつい人は、膝をついて行ったり、立位で壁に手をついた上体で行うのも良いでしょう。

10回を1セットとし、1日3セットぐらい行うと良いですね。

 

冷えを予防してバストにも栄養を

冷えがバストにもよくないことは前述の通り。

冷えを改善させる方法もご紹介しました。

 

「自分は冷え性ではない」と思っていても、実は体の内部が冷えている「隠れ冷え性」も実は非常に多いと言われています。

隠れ冷え性は特にクーラーの効いた室内にいることの多い夏場に多いのが特徴です。

  • 暑いのに手足の先が冷えている
  • 太りやすく痩せにくい(代謝の低下)
  • お腹を触ると冷たい

などの症状があったら隠れ冷え性かもしれません。

 

食べ物や飲み物は体を温めるものを選ぶ、重ね着で体温調節をするなど、日常生活で冷えない工夫をしてみましょう。

 

バストのお肌を乾燥させないスキンケア

皮膚のたるみもバストのたるみに繋がります。

皮膚のたるみを引き起こしている最も大きな原因は乾燥

 

顔をお肌は念入りに保湿をしても、バストの保湿をしている人は少ないのではないでしょうか。

バストの皮膚に潤いが足りないと、しぼんだ印象になってしまいますので、バストもスキンケアをしてあげましょう。

 

特にお風呂上がりには保湿クリームやローションなどを塗りましょう。

バスト全体は普段見えない部分ですが、デコルテ部分はその人の印象を左右します。

毎日保湿ケアを怠らないことが大切です。

 

結論:垂れ胸予防・改善でまずすべきなのはナイトブラ!

ここまでバストラインについて検証してきて、すぐに対策を始めなければ!と思った方も多いことでしょう。

 

まず一番手軽に始められ、一番効果があるのが「ナイトブラの着用」と言えるでしょう。

美しいバストライン作りを担うクーパー靭帯をま守り、これ以上ダメージを与えさせないこと。

そしてバストの横流れやつぶれを日々防ぐこと

これらを可能にするのがナイトブラなのです。

 

ノーブラで寝ている人、カップ付きインナーばかり着ている人は、今すぐナイトブラを検討することをお勧めします!

ナイトブラにも色々な種類があるので、ホールド力を重視するのか、着用感を重視するのか、好みを検討の上購入してみてくださいね。

 

まとめ

垂れ胸を予防する方法と、垂れてしまった胸を改善させる方法をご紹介してきました。

 

予防も対策も、まず初めて欲しいのがナイトブラの着用。

 

その他としては、サイズの合った下着を正しい方法での着用すること、食事や運動などの生活習慣を整え巡りを良くすること、冷えの改善など、日常生活のちょっとした心がけがバストアップにも有効であることをお伝えしました。

 

バストは大きければ良いというものではなく、美しいバストラインがあって初めて女性の魅力を引き立てます。

 

バストラインのケアは身近なところからできることがお分かりいただけたかと思います。

 

ぜひ今日からでも実践してみてくださいね!

 

 

 

人気の記事

1

この記事では、1番人気のコンブチャ、「コンブチャクレンズ」を実際に飲んだ方の体験談を年代別に紹介しています。 20代、3 ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-バストアップ, バストアップ・ナイトブラ

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.