バストアップ バストアップ・ナイトブラ

卒乳後のしぼんだバストはもう元に戻らない?!後悔しないためのバストケアとは

投稿日:

出産・授乳を経て、赤ちゃんへの授乳という大仕事を成し遂げたバスト。

気がつけば、妊娠前の美しい形とはかけ離れた、下向きにしぼんだしょんぼりラインになってしまっていた・・・という人、多いのではないでしょうか。

 

育児に奮闘し、その挙句にしぼんだバストが残るというのはとても悲しいですよね。

 

「しぼんでしまったバストは元に戻るの?!」

 

「授乳中から、卒乳後しぼまないように予防できるバストケアはあるの?!」

 

これは多くのママやプレママが感じている疑問のはず。

 

 

そこで今回は、卒乳後バストがしぼんでしまうという問題について、予防策や改善策はあるのか、徹底調査しました!

 

ママのためのバストケアを是非知っておいてくださいね!

 

授乳期はバストサイズが大幅アップ!

妊娠すると、女性ホルモンが急激に増加して乳腺が発達します。

 

乳腺は赤ちゃんに母乳を与える大切な器官ですよね。

乳腺が発達すると、それを守るために、乳腺の周りにより多くの脂肪がつきます。

 

こうして妊娠するとバストが大きくなるのです。

出産までに平均2カップほども大きくなると言われています。

 

出産後は女性ホルモンの中でも母乳を作るプロラクチンが大量に分泌され、母乳が作られて分泌されるようになります。

プロラクチンは赤ちゃんが母乳を吸うことで刺激されてますます分泌され、母乳の量も増えていきます。

バストもそれに合わせてサイズが大幅アップするのです。

 

卒乳後、バストがしぼむ原因とは?

乳腺の機能が低下する

卒乳すると、授乳期に活発だった乳腺の働きが弱まります。

赤ちゃんが吸わなくなることでプロラクチンという母乳を作るホルモンの分泌が減り、乳腺の機能が弱まっていくのです。

 

すると乳腺の周りの脂肪も徐々に少なくなり、バストが小さくなっていきます。

 

クーパー靭帯のダメージ

バストそのものには筋肉がありません。

 

バストを上向きに持ち上げて支えているのは、「クーパー靭帯」というコラーゲン組織です。

 

クーパー靭帯は網状に隙間を埋めるようにバストに存在し、乳腺組織や脂肪組織が脇へ流れないようにしてくれているのです。

 

妊娠〜授乳期にバストが大きくなると、クーパー靭帯はそれに伴い引き伸ばされたり、場合によっては切れたりします。

 

ここで問題なのは、クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりしたら、二度と元に戻らないということ

卒乳後は乳腺の働きが弱まることで脂肪も少なくなり、バストがサイズダウンしますが、クーパー靭帯はそれに合わせて支える働きをしてくれるかというと、そうではないのです。

 

クーパー靭帯が損傷することによってバストの形が変わり、しぼんだり垂れたりする原因となるのです。

 

バストの皮膚の伸び

妊娠〜授乳期は、1〜2年という短期間でバストの大きさが劇的に変わります。

それは前述のクーパー靭帯はもちろんですが、バストを覆う皮膚にも大きな負担となります。

あまりに急激なサイズ変化を起こしたため、バストにも妊娠線(真皮層の断裂)ができてしまう人もいるのです。

 

バストが大きくなって一度伸びた皮膚は、卒乳後バストが小さくなると皮膚はなかなか元には戻らず、余った分がたるみます。

これがバスト自体をたるませる原因にもなるのです。

 

授乳による刺激や習慣

授乳をする時は、赤ちゃんを膝に抱っこして前かがみの姿勢になりがち。

特に生まれたばかりの赤ちゃんの授乳は頻回ですから、ママはほぼ1日中この体勢をとっていることになります。

 

赤ちゃんは母乳を飲むことに一生懸命ですので、1日中おっぱいを引っ張られているような状態です。

 

これによってバストは伸びてしまい、しぼみ・下垂の原因ともなるのです。

 

また、オムツ変えや着替えなど、赤ちゃんのお世話は前かがみで行うことがほとんど。

こういった体勢をとる習慣も、バストが重力に負けてしまうことに繋がります。

 

授乳中にできる、バストを垂れさせないケアとは?

サイズの合った授乳ブラの着用

授乳中は乳腺にダメージを与えないよう、普通のブラジャーではなく授乳ブラを着用することをお勧めします。

 

授乳ブラは授乳がしやすいことはもちろんですが、バストを締め付けず、サイズが変化する妊娠〜授乳期のバストを無理なく支えてくれる機能があります。

また、赤ちゃんの顔に当たる可能性もあり、ママ自身のお肌もデリケートになる時期なので、綿100%など素材にもこだわって作られていることが多いです。

 

そして大切なのがサイズ。

せっかく授乳ブラをしていてもサイズが合っていないと、バストを締め付けてしまったり、ホールド力が発揮できずバストがしぼんだり垂れたりする原因になってしまいます。

妊娠〜授乳期のバストは短期間で大きくサイズが変化するので、こまめにサイズを確認し、授乳ブラのサイズが合わなくなったと思ったらすぐに買い替えましょう。

 

同じ側から母乳をあげない

授乳のために赤ちゃんを抱く時、人それぞれ抱きやすい体勢があり、ついつい同じ側のおっぱいからあげてしまう、ということがあるかもしれません。

左右を途中でチェンジするにしても、赤ちゃんは飲み始めの方が吸い付く力も強く、勢い良く飲んでくれます。

いつも同じ側から授乳していると、バストの引っ張られ方も違ってくるため、左右のバストの形や大きさが違ってきてしまうのです。

 

さらに赤ちゃんが片方しか母乳を飲みきれず、いつももう片方だけ残った状態でいると、乳腺が詰まって乳腺炎を引き起こす危険もあります。

 

授乳する時はできるだけ左右交互にあげるよう意識しましょう。

 

授乳やお世話の時の姿勢を意識する

授乳を始め、赤ちゃんのお世話は前かがみの姿勢になることが多く、それがバストのしぼみや下垂に繋がることは前述しましたね。

前かがみだとどうしても重力が下に向かって大きくかかるので、バストが下がってきてしまいます。

 

それを防ぐためには、毎日の姿勢を意識して、できるだけ前かがみにならないよう、バストが下に引っ張られないようにすることが大切。

  • 授乳時は授乳クッションを利用する
  • 授乳の際は赤ちゃんに乳首を深くしっかり咥えさせ、引っ張り飲みをさせない
  • オムツ変えや着替えの世話はベビーベッッドなどを利用する

など、工夫をしてみましょう。

 

こまめな授乳

授乳の間隔が長く空いてしまうと母乳が溜まりすぎてパンパンになってしまいます。

するとバストの皮膚もそれだけ伸び、その後のたるみの原因に。

 

さらに母乳が長時間溜まっていると、乳腺が詰まって乳腺炎などのトラブルも起きやすくなります。

 

授乳はできるだけ頻回にするよう心がけましょう。

 

卒乳後にできる、しぼんでしまったバストを改善させるためのケアとは?

夜は必ずナイトブラを着用

卒乳後、または授乳が少なくなって夜中に赤ちゃんが起きなくなってきたら、寝る時は授乳ブラではなくナイトブラに切り替えましょう。

 

寝ている時のバストは起きている時とは違い、様々な方向から重力がかかるもの。

仰向け寝の時は両脇へ、横向き寝の時は横へ、バストは引っ張られ、肉が流れて形が変わってしまいます。

それに伴ってクーパー靭帯も引っ張られるので、寝ている間に伸びたり切れてしまうことも。

 

昼間用のブラジャーは下に向かってかかる重力に対してバストを支える機能は優れていますが、横になった時のバストの状態は考えられていません。

寝る時は就寝時専用の「ナイトブラ」を着用するのが、バストのしぼみや下垂を防ぐための鉄則なのです。

 

ブラジャーのサイズを確認

昼間用・就寝用共、ブラジャーのサイズ選びは非常に重要です。

せっかくブラジャーでバストを支え、しぼみや下垂を防ごうとしていても、サイズが合わず肉がはみ出ていたり、隙間が空いていてホールドできていなければ意味がありません。

 

実はほとんどの女性が、間違ったブラジャーのサイズ選びをしていると言われています。

 

本当に合ったサイズは、正しい方法でブラジャーを着けて初めて知ることができます。

必ず前かがみになって、バストだけでなく枠や背中から肉を寄せ集め、カップに残らず収めましょう。

これでぴったり収まり切るサイズが、適正サイズのブラジャーです。

 

サイズがぴったり合っているブラジャーはバストをしっかりホールドし、美しいバストラインで形状記憶してくれるのです。

 

授乳期は短期間でバストサイズが大きく変わるので、こまめにサイズを測りジャストサイズのブラジャーを購入しましょう。

 

こまめに寄せる

日常の動きによってブラジャーの中の肉は多少動いてしまいます。

こまめに寄せて、常に正しく着用できていることが大切。

 

トイレに行った時などに肉を寄せてブラジャーに収め直す癖をつけましょう。

 

筋肉を鍛えてバストアップ

バストラインはクーパー靭帯が支えていることは前述しましたが、バストそのものの土台となっているのは胸筋です。

 

バストの土台となる筋肉がしっかり鍛えれれば、バストを美しいまま乗せてあげることが可能になります。

また、背筋の伸びた正しい姿勢へのサポートにもなるため、体全体を美しいラインへと整えてくれるほか、血液の循環を良くしてバストアップの環境を整える効果も期待できます。

 

胸筋を鍛えるには簡単なエクササイズがおすすめ。

2つほどご紹介しましょう。

 

胸筋を鍛えるエクササイズ①:合掌のポーズ

  1. 足を肩幅に開き、胸の目で両手を合わせ、合掌のポーズをとります
  2. 肩の力を抜き、両脇は開いた状態で、左右の手を押し合います

しっかり呼吸をしながら、猫背にならないよう胸を張って行いましょう。

10回ほど繰り返します。

 

胸筋を鍛えるエクササイズ②:腕立て伏せ

ご存知の腕立て伏せをバストラインの維持のために行う場合は、膝をついて負荷を軽くするのがお勧めです。

  1. 両手を肩幅より少し広めに広げて床につき、膝をついて四つん這いの姿勢になります
  2. 息を吐きながら肘をゆっくりと曲げ、体を下に落としていきます
  3. 胸が床につくギリギリまできたら、今度は息を吸いながら肘をゆっくりと伸ばし体を持ち上げます

頭の先から膝までが一直線になるように意識して行います。

10回ほど繰り返しましょう。

 

まとめ

授乳を経てバストがしぼまないようする予防策と、卒乳後しぼんでしまったバストの改善策をご紹介しました。

 

妊娠〜授乳期はホルモンの影響でバストのサイズが劇的に変化します。

 

特にバストを支えるクーパー靭帯や皮膚が伸びないような対策として、サイズの合ったブラジャー、夜はナイトブラを着けることが非常に重要でと言えるでしょう。

 

諦めず、美しいバストラインを保つ・または取り戻すケアをしていきましょう!

 

 

 

 

人気の記事

1

この記事では、1番人気のコンブチャ、「コンブチャクレンズ」を実際に飲んだ方の体験談を年代別に紹介しています。 20代、3 ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-バストアップ, バストアップ・ナイトブラ

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.