ライフスタイル

プレミアムウォーターの電気代は高い?安い?機種別に電気代をリサーチ!

更新日:

最近は一般家庭でウォーターサーバーを設置することが多くなりました。

生活の基本となる飲料水だからこそ、安心・安全に、美味しく、便利に使用したいものですよね。

 

ウォーターサーバーの中でも人気なのがプレミアムウォーター。

 

美味しさにとことんこだわった非加熱製法の天然水が、生活に潤いを与えてくれます。

 

そんなプレミアムウォーターですが、実際に設置するとなると気になるのが電気代。

 

サーバーのレンタル料や水の料金だけではなく、電気にかかるコストも重要なポイントです。

あまりにも電気代が高くついて家計を圧迫するようでは困ってしまいますよね。

 

プレミアムウォーターの電気代は高いのでしょうか?安いのでしょうか?

 

そこで今回はプレミアムウォーターの電気代について、サーバーの機種ごとに調べてみました。

月々の負担はどれくらいなのか、ぜひウォーターサーバー導入の検討材料として役立ててください!

 

エコモードが電気代を安くする!

 

エコモードとは?

 

  • プレミアムウォーターの「スリムサーバーⅢ」「cadoウォーターサーバー」の2機種には、エコモードが搭載されています。

 

エコモードはその名の通り、電気を節約してくれるモード。

 

具体的には、就寝中の温水の保持温度を低くし、無駄をなくすことで節電を実現しています。

 

ウォーターサーバーは24時間稼働させておくもの。

夜は使わないからといって電源を切ってしまうと、内部に雑菌が繁殖する危険があるので、電源を切ってはいけません。

 

かといって夜は使用しないのにフル電力で稼働させていてはもったいない、という点に目をつけたのがエコモードです。

 

プレミアムウォーターのエコモードをONにしておくと、周囲が真っ暗なったのをセンサーが感知し、自動的に温水の温度を下げて節電してくれるのです。

エコモードが作動してから6時間ぐらいで湯温は約20℃に下がります。

そして部屋が明るくなると自動的に解除され、約40分で熱湯に戻り、通常通り温水も使用できます。

 

常時真っ暗になるような部屋にサーバーを設置する時はエコモードはOFFにしておかないと、温水がぬるい状態になってしまうので注意しましょう。

 

プレミアムウォーターをエコモードで使うとどれくらい節約できる?

エコモードを使用すると、電気代を約2割削減することができます。

スリムサーバーⅢの場合、通常時の電気代は1ヶ月約770円ですが、エコモードを使用すると約620円。

毎月150円の節約になり、年間だと1,800円も電気代を抑えることができます(使用状況により誤差はでてきます)。

 

プレミアムウォーターの機種ごとの電気代徹底調査!

ではいよいよ、プレミアムウォーターの機種ごとの電気代をご紹介しましょう。

(平均的な電気代を算出したものなので、使用状況により多少の誤差は生じます)

スリムサーバーⅢ(ロングタイプ・ショートタイプ)の電気代

<通常時>

月額:約770円

日額:約25円〜

 

<エコモード使用時>

月額:約620円

日額:約20円〜

 

amadanaスタンダードサーバーの電気代

月額:約1,100円

日額:約36円〜

 

cadoウォーターサーバーの電気代

<通常時>

月額:約770円

日額:約25円〜

 

<エコモード使用時>

月額:約620円

日額:約20円〜

 

amadanaウォーターサーバーの電気代

月額:約980円

日額:約32円〜

 

スリムサーバーの電気代

月額:約1,100円

日額:約36円〜

 

プレミアムウォーターを導入するとトータルで節約になることも?!

プレミアムウォーターを導入するには、サーバーレンタル料(一部は無料)、水代、電気代などがかかりますが、一概に「支出が増える」と言えないこともあるようです。

 

それはなぜなのでしょうか。

 

ウォーターサーバーを導入していない場合の、水やお湯に関わる費用を考えてみましょう。

  • 熱湯を作るのにお湯を沸かすガス代
  • 電気ポットでお湯を沸かしている場合はその電気代
  • ペットボトルの水を冷蔵庫から出し入れした際、冷蔵庫の温度を下げるために余計に使われる電気代
  • ペットボトルの水を買う手間やガソリン代または宅配代

以外とたくさんの費用や手間がかかっていますね。

 

これらを鑑みると、トータル的な支出はプレミアムウォーターを導入したほうが少なくなる、ということも十分に考えられるようですよ。

 

こんな使い方は電気代を高くする!

上でプレミアムウォーターの機種ごとの電気代の目安をご紹介しましたが、使い方を間違えると電気代が高くなってしまうこともあるようです。

無駄な電気代を支払うことにならないためにも、次のような使い方はやめましょう。

 

プレミアムウォーターのサーバーに直射日光が当たっている

プレミアムウォーターのサーバーを直射日光の当たる場所に設置してしまうと、ボトル内の水温が上がり冷水を冷やすための電力が余計にかかってしまいます。

電気代とは関係ありませんが雑菌の繁殖も心配です。

サーバーの設置場所はできるだけ窓際を避けたいところ。

どうしても窓際しか設置場所が確保できない場合は、カーテンやブラインドで直射日光を遮る工夫をしましょう。

 

壁にぴったりとくっつけて設置している

どんなウォーターサーバーも、背面に熱を逃がす機能が付いています。

ですからサーバーは壁から10㎝以上離して設置することが推奨されているのです。

 

壁にぴったり付けて設置するとうまく放熱ができず、サーバー内の温度が上がってしまいます。

するとサーバーの機能が低下し、余計な電力がかかることになってしまうのです。

 

サーバーの背面に埃が溜まっている

壁から10㎝以上離して設置していても、サーバーの背面に埃がびっしり溜まっている状態ではうまく放熱ができません。

定期的にサーバーの背面に埃が溜まっていないかチェックし、掃除することを心がけましょう。

 

まとめ

プレミアムウォーターの電気代について、機種ごとにご紹介しました。

 

エコモードが搭載されている機種については、通常に比べて約2割電気代を節約することができます。

 

そしてプレミアムウォーターを導入することで、飲料水に関する手間が省けるだけでなく、トータルでは節約にもなる可能性があるのです。

 

ぜひご家庭に合ったプレミアムウォーターの機種を選んで、エコで快適な毎日を過ごしてくださいね!

人気の記事

1

ダイエットと言えば酵素ドリンクですが、2017年頃から「コンブチャ」が大流行していますよね! 世界中のセレブ達が愛用して ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-ライフスタイル

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.