バストアップ

バストのカップをあげたい!ボリュームアップさせたい!自分でできるバストアップ方法とは

投稿日:

数ある女性の悩みの中でも、バストに関する悩みを持つ人は非常に多いもの。

特にバストが小さい人は、「貧乳」をどうにかしてバストアップさせたいと思っているのではないでしょうか。

 

「バストをボリュームアップさせたい!」

「バストのカップをAカップからせめてBカップにしたい!」

「でも整形は怖いしお金がかかる・・・」

自分で簡単にできるバストアップ方法はないの?

 

そんな悩みや疑問にお答えすべく、今回は自分で手軽にできるバストアップ方法を調査しました。

 

バストが小さくて悩んでいる方、必見です!

 

バストアップに必要な要素とは?

バストはこんなものでできている!

女性のバストは、赤ちゃんに母乳を与えるという大切な役割を持った器官です。

 

乳房の中は乳腺が張り巡らされており、出産すると母乳を製造し分泌します。

その大切な乳腺を守るために、乳腺の周りには脂肪がつきます。

 

バストの中身の約1割が乳腺、約9割が脂肪と言われています。

 

ただ脂肪がついただけではバストは下に垂れ下がってしまいますが、これを上向きに支えているのがクーパー靭帯というコラーゲンの束でできた結合組織です。

クーパー靭帯はバストの皮下筋膜の深葉から浅葉までを繋いで、脂肪がついて重たくなったバストを引っ張り上げ、脂肪組織や乳腺組織が脇へ流れてしまうのを防いでくれているのです。

 

そしてバストを乗せる土台となっているのが大胸筋です。

 

何があればバストアップできる?!バストアップの過程とは

思春期を迎える前までは女性の胸は男性と同様にぺったんこですね。

 

それが思春期になり、女性ホルモンの分泌が盛んになると、乳腺が発達します。

妊娠・出産のための体の準備が始まるわけです。

 

乳腺が発達して来ると、外部刺激から大切な乳腺を守るために乳腺の周りには脂肪がつき始めます。

 

こうして女性のバストは大きくなっていくのです。

 

思春期以外にも、妊娠・出産の時期には女性ホルモンの分泌が盛んになり、乳腺が発達してバストが大きくなります。

 

つまりバストが大きくなる過程は

女性ホルモンの分泌→乳腺の発達→脂肪の増加

ということです。

 

この過程に関わっているものを増やせば、バストアップができると言えるでしょう。

 

バストアップに必要な要素はこの4点!

上で、バストアップの過程に関わる要素を割り出しました。

どんなものなのか、一つずつ確認しておきましょう。

 

女性ホルモン

バストが大きくなる過程のスタート地点は、「乳腺の発達させるための、女性ホルモンの分泌」です。

 

女性の体はエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)という二つの女性ホルモンが交互に増減し、優位を交代することで一定のリズム(月経周期)を保っています。

 

エストロゲンは主に月経終了〜排卵の時期に多く分泌されるホルモンで、女性らしさを司ります。

具体的には、丸みのおびた女性らしい体にしたり、髪の毛や肌にハリ・ツヤを与えたり、自律神経に作用して心身の健康に働きかけたり。

更年期になるとイライラやほてりなどの症状が出るのは、このエストロゲンが激減し自律神経が乱れることが大きな要因と言われています。

 

プロゲステロンは主に排卵〜月経の時期に多く分泌されるホルモンで、妊娠を司ります。

具体的には、子宮内膜を整えたり、基礎体温をあげたり、乳腺を発達させたり、体内の水分を保持したり。

月経前になるとむくみやすくなる、代謝が悪くなる、食欲がアップするなどの症状が出る人が多いのは、プロゲステロンが優位になって、妊娠のために溜め込みやすい体になるからと考えられます。

 

ここで重要なのは、2つのホルモンのバランスが取れているかどうか

バストアップにはもちろん、心身の健康維持のためにもホルモンバランスは非常に大切です。

バランスが崩れると肌荒れ・月経障害・不妊・更年期障害・自律神経失調など様々な不調の原因となるのです。

 

このバランスが崩れているとバストの成長・乳腺の成長にも悪影響が及ぶので、足りなくなっている女性ホルモンを補ってあげるということがバストアップには有効と言えるでしょう。

 

脂肪

乳腺が発達すると、それを守るために脂肪がつくと前述しました。

バストの約9割を占めるのが脂肪です。

バストの部分の脂肪を増やすことができれば、バストのサイズは確実にアップします。

 

筋肉

乳房そのものに筋肉はありませんが、乳房を乗せる土台となっているのは大胸筋です。

 

大胸筋が衰えていると、しっかりと乗せて支えることができなくなり、加水してバストが小さく貧弱に見えてしまう原因となります。

土台である大胸筋がしっかりしていると、バストは盛り上がって上を向き、大きく形良く見えるのです。

 

巡り(血行)の良い体

バストを成長させるには、当然ですが栄養が必要です。

食べたものの栄養は血液の流れによって体の隅々まで運ばれていきます。

 

しかし血液の流れが滞っていると、隅々まで栄養が行き渡りません。

バストにも必要な栄養が届かなくなり、バストばしぼんだり垂れたりという原因にもなるのです。

 

血行を促し、体の巡りを良くしてあげることはバストアップにも有効なのです。

 

バストアップ方法①女性ホルモンへアプローチ

 

それでは、バストアップのそれぞれの過程に働きかけるにはどうしたら良いか、具体的に迫っていきましょう。

まず最初に乳腺を発達させるために欠かせない女性ホルモンへのアプローチです。

 

食べ物

大豆イソフラボン

女性ホルモンを増やす食べ物で有名なのが「大豆イソフラボン」ですね。

大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)の化学構造式に良く似ていて、似た働きをすると言われており、女性らしい体作り・骨粗しょう症の予防・更年期障害の軽減などの効果が期待できます。

 

大豆イソフラボンを多く含む食品は、豆乳・納豆・豆腐・もやしなど。

 

ただし1日70mg〜75mgを上限にすることが推奨されているので、過剰摂取には気を付けましょう。

イソフラボン含有量は豆腐1丁が約80mg、納豆1パックが約35mg程度です。

 

ボロン

ボロンとは「ホウ素」と呼ばれるミネラル成分のこと。

ボロンはエストロゲンの濃度を高め活性化すると言われています。

 

ボロンを多く含む食品はキャベツ・りんご・ナッツ類・海藻類など。

 

1日3mgを目安に摂取しましょう。

ボロン含有量はキャベツ1玉で約3mg、りんご1個で約1mg程度です。

 

ボロンは熱に弱いので、生のまま摂取するのがお勧めです。

 

質の良い睡眠

質の良い睡眠は、女性ホルモンの分泌バランスや自律神経を整え、バストの成長を促す環境を整えてくれます。

 

また、バストの成長に関しては女性ホルモンのほかに、細胞の修復や再生を担う「成長ホルモン」が欠かせません。

 

というのも、女性の乳腺にはある年齢に達すると「ラクトゲン受容体」が形成されるのですが、このラクトゲン受容体に成長ホルモンが作用することでバストが大きくなるのです。

ラクトゲン受容体の形成は個人差があり、10歳でできる人もいれば20代後半をすぎてできる人も、そして一生できない人もいます。

一方成長ホルモンは13歳〜17歳頃に分泌のピークを迎え、20歳を過ぎると減少していきます。

ラクトゲン受容体ができるのが遅く成長ホルモンが少なくなってから出来上がった場合、十分にバストが成長しきれないまま一生過ごすこともあるのだとか・・・なんとも勿体無い話ですよね。

成長ホルモンは夜の22時〜2時の通称「ゴルーデンタイム」に最も多く分泌されると言われており、その時間帯に質の良い睡眠をとっていることが大切です。

このようにバストアップに深く関わる女性ホルモン・成長ホルモンの分泌は、共に睡眠時間と睡眠の質を高めることで促されます。

 

睡眠の質を高める方法として、具体的には

  • 寝る前2時間は食べない・・・内臓を休ませることで十分体を休息させることができます
  • 寝る前に入浴して体を温める・・・血行が良くなりリラックスできます
  • 朝起きたら朝日を浴びる・・・睡眠促進ホルモンであるメラトニンの分泌を正常にします
  • 寝る前にパソコンやスマホを見ない・・・ブルーライトがホルモン分泌に悪影響を与えるため

などが挙げられます。

 

ストレス解消

美や健康の大敵、ストレス。

ストレスが溜まっていると女性ホルモンの分泌バランスが崩れてしまい、バストアップにも悪影響がでてきます。

 

精神的ストレスや過剰な肉体労働などで生理不順になってしまった、という経験がある人もいるのではないでしょうか。

女性ホルモン分泌の指令を出す脳の視床下部や下垂体はちょっとしたストレスを感じただけで影響を受けてしまいます。

結果、分泌指令が狂い、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

非常にデリケートな器官なのです。

 

趣味に打ち込む時間を作る、カラオケなどで大きな声を出す、好きな音楽を聴くなど、自分にあったストレス解消法を見つけておくのも、バストアップには大切と言えるでしょう。

 

女性ホルモンを促すバストアップサプリ

サプリメントは手軽でつい頼りたくなるアイテム。

でも、飲んで直接体内に摂取するものだけに、安全面には十分な配慮が必要です。

 

バストアップサプリの成分「プエラリア・ミリフィカ」

 

バストアップを促すサプリメントも多くの種類が販売されています。

 

その多くは「プエラリア・ミリフィカ」という女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする成分が配合されています。

 

プエラリアというのは、体に自生するマメ科の多年生つる植物で、その根には植物性エストロゲンが含まれているため、「食べる豊胸」とも呼ばれています。

そのエストロゲン活性効果は、大豆イソフラボンの約1000〜10000倍とも言われているほど強いものです。

 

プエラリア・ミリフィカの副作用報告

プエラリアが日本に伝わった当時、1日の適正摂取量は「1日400mg」とされていました。

そこでバストアップサプリの開発や製造に着手した会社は「どれだけプエラリアを多く配合するか」を競っていたのです。

 

ところが、2012年以降、プエラリア・ミリフィカ配合のサプリを飲んだ女性から、「生理不順」「不正出血」「発疹」「肌荒れ」「消化器症状」などの健康被害が多数寄せられるようになりました。

 

これらの症状は、エストロゲンが過剰な状態が長期間続きたことでホルモンバランスが著しく崩れたことに起因するとされています。

 

プエラリア・ミリフィカに対する規制は現在のところなし

その後プエラリアの原産国タイではプエラリアの適正摂取量を「1日100mg以下」に改めています。

 

しかし現在日本では具体的な基準が設けられていないのが現状で、販売されているサプリもプエラリアの配合量はまちまちです。

中には1日500mgを超える商品も販売されているようです。

 

バストアップをうたうサプリを購入するときは、必ずプエラリアの配合量を確認し、過剰摂取に十分気を付けましょう。

 

また、すべての人が「飲めばバストアップする」というわけではなく、体質によって効果にはばらつきがあること、副作用の心配もあることなどを理解しておきましょう。

 

女性ホルモンを促すバストアップクリーム

塗るだけでバストアップ効果が期待できるとされるバストアップクリームの主な成分の中にも、女性ホルモンに働きかける「プエラリア・ミリフィカ」を配合しているものがあります。

サプリメントには副作用の報告があり、配合量には十分注意しなければならないとお伝えしました。

 

しかし経口摂取して直接体内に入れるサプリとは違い、クリームの場合は体外から塗布するもの。

ですから副作用の危険性は大幅に低くなり、現在のところクリームによる重篤な健康被害の報告はないようです。

 

ただし、妊娠中・授乳中の人、ピルを服用中の人はホルモン変化に敏感になっているので、使用を控えることをお勧めします。

 

ちなみにバストアップクリームの成分で現在主流となっているのは、この女性ホルモンを促すプエラリア・ミリフィカではなく、脂肪細胞に働きかけるボルフィリンです。

ボルフィリンについては後ほど詳しくご紹介します。

 

バストアップ方法②脂肪へアプローチ

バストの約9割を占める脂肪。

それを増やすことができれば豊かなバストが叶います。

 

バストの脂肪に直接働きかける方法としては、ボルフィリン配合のバストアップクリームの使用が効果的です。

 

「ボルフィリン」は中国に自生するユリ科のハナスゲという植物の根に含まれる、サルササポゲニンという成分から作られた成分です。

ボルフィリンは脂肪細胞を分裂・増殖させる作用があり、さらに脂肪を減らさずに維持する力も持っているという、バストアップには最適な成分なのです。

 

女性ホルモンに作用するプエラリアは直接バストアップさせるのではなく、間接的に「育乳」する効果がありますが、ボルフィリンはバストに直接塗って、塗った部分の脂肪を増やしてくれるのですから、「豊胸」する効果がある、とも言えるでしょう。

 

ホルモンへの働きかけではないので副作用の危険がほとんどないことも、ボルフィリン配合バストアップクリームのメリットと言えるでしょう。

 

バストアップ方法③筋肉へアプローチ

次は鍛えることでバストアップが期待できる筋肉に焦点を当ててみましょう。

 

乳房自体には筋肉はなく、鍛えることができるのはバストの土台となっている大胸筋です

乳房を大きくするわけではありませんが、土台が増強されることでバストが上向きます。

 

大胸筋を効果的に強化することのできるエクササイズをご紹介します。

 

合掌のポーズ

有名なのが、両手を拝むように合わせる「合掌のポーズ」ですね。

手順は以下となります。

  • 背筋を伸ばして立ち、両掌を胸の前で合わせる
  • 脇は開いて腕を直角に曲げる
  • 息を吐きながら、両手を押し合う

1回を30秒くらいかけてゆっくりと。

2〜3回繰り返しましょう。

 

ポイントは「大胸筋を収縮させるように意識して行う」こと。

腕だけで押し合っていると、二の腕が鍛えられてしまうので要注意です。

 

腕立て伏せ

ご存知の腕立て伏せも、大胸筋を鍛えるのに有効なエクササイズです。

普通の腕立て伏せが連続10回できない人は、膝をついて行っても良いでしょう。

 

バストアップのための腕立て伏せのポイントは以下です。

  • 手を肩幅より広めに置く
  • 背中を丸めたりお尻を突き出したりせず、肩から骨盤までがまっすぐになるように意識する
  • ゆっくりと行う

手を置く位置が狭すぎると、腕が鍛えられてしまうので要注意です。

 

バストアップ方法④巡り(血行)の良い体へアプローチ

おっぱい体操

普段はブラジャーに抑えられ、動くことがないため、乳房の中の靭帯や脂肪は大胸筋に貼り付いて凝り固まっている状態です。

 

そのままだと乳房の働きが悪くなって形が崩れたり、しぼんで見えたりしてしまうそう。

血液やリンパの流れも悪いため、女性ホルモンの分泌バランスも崩れてしまいます。

 

そこで凝り固まった乳房をほぐし、巡りを良くしてふわふわのおっぱいにしてくれるのが「おっぱい体操」です。

 

おっぱいはずし

大胸筋に貼り付いている乳房を、まずは外して自由にし、正しい位置へ戻してあげましょう。

  1. 左胸から。
    左上を下ろして脇を少し広げます。
  2. 右手を左脇の下から左肩甲骨の下まで回し、指を熊手のように広げて脂肪をかき集めるように前へ持ってきます。
    左の鎖骨中央に向かって掻き上げるように。
    10回〜15回ほど繰り返します。
  3. 右手を離し、左のおっぱいの下に左手を添え、持ち上げるようにして左右に軽く揺らします。
    10回〜15回繰り返します。
  4. 右胸も同様に行います。
おっぱい揺らし

おっぱいを揺らすことで乳房に溜まっていた老廃物や毒素を流し、巡りを良くして組織を活性化させます。

血行が良くなり、酸素や栄養が乳房内に行き渡ることで美しい形に蘇らせます。

  1. 左胸を右手で下から支え、左鎖骨中央に向かって斜め上方向に寄せるように揺らします。
    2〜3回/1秒のペースで。
    10回〜15回続けます。
  2. 右胸も同様に揺らします。
  3. 両手で両胸を下から支えて、持ち上げながら中央に向かってポンポンと軽く揺らします。
    2〜3回/1秒のペースで。
    10回〜15回続けます。

リンパマッサージ

体には血管が張り巡らされていますが、それと同様に「リンパ管」も体の隅々まで張り巡らされています。

 

リンパの働きは主に、老廃物や毒素を回収することと、最近やウイルスなどから体を守ること(免疫機能)。

血液は心臓がポンプとなって体に送り出されますが、リンパ液は特定のポンプ器官がなく、呼吸や筋肉の動きによって巡っています。

ですから筋肉が少なかったり運動不足であるとリンパ液は滞りやすいのです。

 

バストにもリンパは巡っており、それが滞ると血液の流れも悪くなり、栄養や酸素が届かずにバストがしぼんだり形くずれの原因になったり。

そこでバストのリンパ液を流して、バストアップに最適な環境を作ることが大切なのです。

 

リンパは皮膚のすぐ下にあるので、力を入れすぎると傷つけてしまう恐れがあります。

優しくなでるようにマッサージしましょう。

バストアップクリームを用いると滑りが良くなり、クリームの効果も期待できるのでオススメです。

 

腋窩リンパ節マッサージ

乳腺から排出された老廃物は、脇の下にある腋窩リンパ節へと流れていきます。

この部分の流れをスムーズにすると、乳腺の代謝・発達を促すことにつながります。

  1. 腋窩リンパ節はバストの外側から脇の下のくぼみにかけて存在しています。
    まずは左脇を開いて、右手の人差し指〜小指の4本を左脇の下のくぼみに当てます。
  2. 下から上へ向かって、円を描くように優しくマッサージしていきます。
    5回ほど繰り返します。
  3. 右側も同様にマッサージします。

 

バストのリンパマッサージ

バストにあるリンパを腋窩リンパ節に流していきましょう。

  1. バスト下部のマッサージです。
    バストを下から支えるように手を添え、バスト下部分の膨らみに沿って腋窩に流すように優しくマッサージします。
    左右同様に5回ほど繰り返します。
  2. バストの上部も同様に、中心から手のひらを当てて腋窩に流すようにマッサージします。
    左右同様に5回ほど繰り返します。

 

ツボ押し

ツボ押しは血液やリンパの巡りを良くしたり、自律神経の働きを正常にする効果があります。

自律神経が整うと、女性ホルモンの正常な分泌や乳腺の発達に働きかけます。

 

だん中(だんちゅう)

左右のバストトップを繋いだ中心にあるのが「だん中」のツボです。

押すと軽い痛みを感じます。

女性ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。

  1. だん中の箇所に指を当て、息を吐きながらだんだん強く、約5秒間指圧します。
  2. 息を吸いながらだんだん力を弱めて指を離します。
  3. 5回ぐらい繰り返しましょう

 

天溪(てんけい)

左右のバストトップと同じ高さの両脇、バストと体の境目あたりに左右1箇所ずつ存在するのが「天溪」のツボです。

押すと軽い痛みを感じます。

乳腺を発達させる効果があると言われています。

  1. 両手の親指の腹を天溪のツボに当てます。
  2. 息を吐きながら内側に向かって左右同時に5秒ほど指圧します。
  3. 息を吸いながらゆっくりと離します。
  4. 5回ぐらい繰り返しましょう。 

 

まとめ

バストのカップを上げる、バストアップさせる方法をご紹介してきました。

 

その結論として2点挙げるとしたら、

 

  • 長い目で見るなら食事やエクササイズ
  • 積極的にバストアップに働きかけたいならバストアップクリーム

と言えるでしょう。

 

 

バストアップのキーワードは女性ホルモン・乳腺の発達・脂肪の増加

 

女性ホルモンや乳腺の発達は、日々の生活習慣や心がけで少しづつ改善が期待できます。

 

脂肪の増加は、脂肪細胞に働きかけるバストアップクリームが有効です。

 

 

自分に合ったバストアップ方法で、理想のバストに近づけていきましょう!

 

 

 

人気の記事

1

この記事では、1番人気のコンブチャ、「コンブチャクレンズ」を実際に飲んだ方の体験談を年代別に紹介しています。 20代、3 ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-バストアップ

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.