ライフスタイル

ウォーターサーバー月々の費用ってどれくらい掛かるの?1番安いのはどこ?

更新日:

 

今や家庭の定番となりつつあるウォーターサーバー

いつでも美味しくて安全な水が飲めたり、すぐに美味しいコーヒーやお茶が入れられたり、料理にも使えたりと本当に便利ですよね。

 

これから導入を考えている人も多いかと思いますが、まず気になるのが「費用はどれくらいかかるの?」ということではないでしょうか。

 

ウォーターサーバーを設置するとなると、水代の他にも月額のサーバーレンタル代やメンテナンス代、電気代などいろいろなコストがかかってきます。

それをトータルして一番安いのはどこなか、コストパフォーマンス(費用対効果)が高いのはどこなのか?

今回は各社のウォーターサーバーの月々の費用を比較し、ランキングでご紹介します!

 

どのウォーターサーバーが自分の家庭にぴったりで一番お得に導入できるのか、選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

ウォーターサーバーの月々にかかる費用の内訳は?

まずは、ウォーターサーバーを設置した際にかかる月々の費用の内訳を確認しておきましょう。

水代

ウォーターサーバーの水は「天然水」「RO水」の2種類に大別されます。

 

「天然水」とは、極めて深い地層から湧き出る深層地下水。

長い時間をかけ自然の地層で濾過されており、沈殿・濾過・加熱殺菌以外の化学的処理を行っていない水です。

 

「RO水」とは、水道水や地下水を源水としてRO膜(逆浸透膜)と呼ばれる超微細孔のフィルターに通し、不純物を徹底的に除去した水。

純水に近い水となるので、RO膜処理後改めてミネラルを添加したものが主流です。

 

天然水もRO水も安全性は高く、ほとんどが軟水なので赤ちゃんの調乳などにも使用可能。

 

2種類のうち、一般的に価格がやや安い設定なのはRO水です。

 

ただボトルの注文ノルマが設けられている場合もあるので、自分の家庭は月々どれくらいの水を注文・消費するのか、大体の目安を考えておくことも大切です。

 

サーバーレンタル代

サーバーレンタル代は無料としている会社も多く、かかるとしても400円〜1,500円/月程度。

サーバーレンタル料がある分省エネ設定で電気代を抑えられたり、水代が反比例していたりという場合もあります。

 

レンタル料金がかかるからといってそのウォーターサーバーは費用が高いというわけではないことに留意しておきましょう。

電気代

ウォーターサーバーは設置したら電源を切ることはありません。

1日留守にするからといって電源を切ってしまうと水に雑菌が繁殖する危険があるため、24時間ONにしておく必要があります。

 

ですから電気代はプラスして常にかかることになります。

 

一般的には1,000円〜1,500円/月ぐらいが目安ですが、サーバーの中には省エネ機能が付いていて大幅に節電可能な機種も数多く登場しています。

省エネできるサーバーだと、電気代を350〜400円/月ぐらいに抑えられるものもあります。

 

ただし省エネサーバーにすればすべての人がお得になるとは限りません。

  • 初期費用がかかって長期間使わないと返って損してしまう
  • 省エネモードを設定すると温水の温度が低くなり、解除後温水の温度が上がるまでに時間がかかるため、24時間頻回にウォーターサーバーを利用する場合は不便

などの問題もあるのです。

電気代に関しても家庭の生活スタイルを鑑みてサーバーを選ぶことが重要となります。

 

メンテナンスや故障修理など

ウォーターサーバーは機械なので、故障や不具合の可能性は常にあります。

そんな時、メンテナンスや修理は随時有料なのか、無料なのかはサーバーによって異なります。

 

無料の場合は「サポート料」のような形で、400〜1,000円/月程度かかるサーバーもあります。

 

初期費用・解約金にも注意

月々の費用以外にも頭の隅に置いておきたいのが、初期費用や解約金。

 

初期費用としては、初めてウォーターサーバーを設置する時に「サーバー設置料」がかかったり、省エネ(電気代節約)できるサーバーは「サーバーレンタル初期費用」として一定料金がかかったりする場合があります。

 

解約金は、サーバーの契約期間内に解約する場合に徴収されることが多いもので、3,000円〜15,000円程度とサーバーによって料金に差があります。

 

短期間で解約すると損してしまう場合があるので、どれくらい継続して使用するつもりなのかを考えておきましょう。

 

月々の費用が安いウォーターサーバーランキング!

第1位:アルピナウォーター

水の種類 RO水
水の注文ノルマ なし

(1回の注文は12ℓ×3本〜)

水の料金 12ℓ 1,050円
サーバーレンタル料 572円
電気代 約1,000円〜

(エコサーバーの場合は約650円〜)

メンテナンス 無料
1ヶ月の目安料金 約3,672円〜

※水2本(24ℓ)使用

※スタンダードサーバー使用

アルピナウォーターの水は、北アルプスの天然水をRO膜処理したRO水です。

ミネラルを添加していないピュアウォーターなので、硬度1.05という超軟水。

赤ちゃんのミルク作りにも最適です

 

12ℓの価格が1050円と、低価格なのも魅力ですね。

 

水は自動的に毎月届くのではなく、都度電話で注文して届けてもらうシステム。

1回の注文が3本以上という決まりはありますが、月単位で水の残量を気にしながら使う必要がなく、経済的です。

 

スタンダードサーバーは2年に1度、メンテナンス(サーバーの無料交換)を行っています。

(ららさん)

赤ちゃんのミルク作りがメインの使い道です。

ミネラルが入っていない水は赤ちゃんの体にも優しいので嬉しいです。

エコーサーバーを使っているので電気代も気にならず、他社よりもコストは安く済んでいると思います。

(Keeさん)

4人家族の我が家は水の消費量が多いのですが、12ℓが1,000円ちょっとというのは格安だと思います。

非常に助かっています!

 

第2位:クリクラ

水の種類 RO水
水の注文ノルマ なし

(1回の注文は12ℓ×2本〜)

水の料金 12ℓ 1,250円
サーバーレンタル料 なし

(安心サポートパック417円/月)

(水の注文が3ヶ月で6本未満の場合は1,000円/月)

電気代 約1,000円/月〜

(省エネサーバーの場合は約523円/月〜・初期費用7,000円あり)

メンテナンス 無料

(安心サポートパックに含まれる)

1ヶ月の目安料金 3,917円〜

※水2本(24ℓ)使用

※通常サーバー使用

7年連続「お客様満足度No.1」を達成しているクリクラ。

安全性を徹底したRO水は低価格で人気です。

 

定期購入ではなく都度注文のシステムなので無駄がありません。

 

安心サポートパックは2ヶ月目から毎月必要で、メンテナンス(年に1回分解・洗浄)費用が含まれています。

 

無料お試し(12ℓ分)があり、使い勝手や水使用量の目安などを確認してから契約できるのが良いですね。

(Iさん)

他のウォーターサーバーと比較するとコストが安い。

メンテナンスも、年に1回サーバーを回収して分解・洗浄してくれるので安心して使用できます。

赤ちゃんのミルク・離乳食・コーヒー・お酒など大活躍ですよ。

(mieさん)

無料お試しをしたら、想像以上に便利なことがわかってそのまま契約しました。

 

 

第3位:アクアクララ アクアスリム

水の種類 RO水
水の注文ノルマ なし

(1回の注文は12ℓ×2本〜)

水の料金 12ℓ 1,200円
サーバーレンタル料 なし

(あんしんサポート料1,000円/月)

電気代 約700円〜
メンテナンス 無料

(あんしんサポート料に含まれる)

1ヶ月の目安料金 約4,100円〜

※水2本(24ℓ)使用

ウォーターサーバー市場シェアNo.1を誇るのがアクアクララ。

各種あるサーバーの中でもアクアスリムはスリムでシンプルなデザインが人気です。

 

RO膜処理した水に適度なミネラルをプラスしたRO水はその美味しさも評価されており、モンドセレクションの「優秀品質最高金賞」を7年連続受賞した実績も持っています。

 

水は定期購入ではなく都度注文なので無駄がありません。

 

あんしんサポート料には専門スタッフによる設置・メンテナンス・故障修理などが含まれています。

(バニラさん)

水の安さで決めました!

月によって水の消費量が違うので、好きな時に欲しい分だけ都度注文するシステムも非常に良いと思います。

値段と便利さで考えたらアクアクララが断然1番だと思います!

(Yoさん)

アフターフォローが充実しているところに魅力を感じて決めました。

毎年サーバーメンテナンスをしてくれる・故障の時も無料で対応してくれるなど、追加費用がかからないところが安心ですね。

 

 

第4位:コスモウォーター

水の種類 天然水
水の注文ノルマ 12ℓ×2本〜
水の料金 12ℓ 1,900円
サーバーレンタル料 無料
電気代 約465円〜

(エコモード1日2回使用時)

メンテナンス 無料

(オートクリーン機能により不要)

(通常範囲内の故障・破損時は無料交換)

1ヶ月の目安料金 約4,265円〜

※水2本(24ℓ)使用

静岡・京都・大分の採水地から直送する天然水です。

ボトルの見えないスタイリッシュなデザインが人気。

 

ボトルがサーバー下部にあるので足元で楽にボトル交換ができること、3種モードのチャイルドロックでシーンごとに対応できることなど、使いやすさにも定評があります。

 

(rinrinさん)

一人暮らしですがコスモウォーター導入して正解でした!

便利だし、電気代も省エネモードのおかげで思ったほどかかっていません。

(美樹さん)

サーバーレンタル料無料、配送料無料というところが良いと思ったこと、友人宅で使っているのを見て便利そうだと思ったことなどがきっかけでコスモウォーターを申し込みました。

便利で水も美味しいし、ずっと使い続けられそうです。

 

 

第5位:プレミアムウォーター

水の種類 天然水
水の注文ノルマ 12ℓ×2本〜
水の料金 基本プラン(2年契約):12ℓ 1,960円

プレミアム3年パック(3年契約):12ℓ 1,840円

サーバーレンタル料 無料

(スリムサーバー・amadanaスタンダードサーバー)

電気代 約620円〜

(エコモード使用時)

メンテナンス 無料

(メンテナンスなし)

セルフクリーニングキットは別途2,050円

1ヶ月の目安料金 約4,300円〜

※水2本(24ℓ)使用

※スリムサーバー・amadanaスタンダードサーバー

※エコモード使用

富士吉田・南阿蘇などの厳選された採水地より直鎖王される天然水は、ウォーターサーバーでは珍しい非加熱処理により抜群の美味しさを保っています。

インテリアとしても映える洗練されたデザインや、衛生的で場所を取らないワンウェイボトル(使い捨てボトル)採用なども人気の秘密。

 

サーバーの契約年数に達していない時点での解約は、早期解約手数料として10,000円〜20,000円かかる場合があるので注意しましょう。

(ドラえもんさん)

非加熱天然水で自然の水の美味しさが楽しめることが一番のメリット。

次におしゃれなデザインにも惹かれました。

3年パックにすれば水の料金も割引になりお得です。

3年も使えるか不安でしたが、現在丸2年経過、便利で手放せません。

(reiさん)

レンタル料無料のサーバーを選びました。

エコモード搭載で、心配していた電気代も思っていたほどかかっていません。

水の料金はそれなりにしますが、費用対効果は良いと思います。

 

 

まとめ

ウォーターサーバーを導入した場合、月々の費用はどれくらいかかるのか、そして最も安いウォーターサーバーはどれなのかを検証してきました。

 

ここでは一般的な使用料金を示してランキングにしましたが、家族構成や生活スタイルでウォーターサーバーの使用度は違ってきます。

 

それに伴い水の量や電気代などに違いは生まれてくるので、まずは自分の家庭でウォーターサーバーを導入する基準を確認しましょう。

 

無料お試しを利用してみると、実際の使用パターンが見えてくるのでとても参考になりますよ。

 

ぴったりのウォーターサーバーを見つけて、是非いつでも美味しくて安全な水が飲める潤いのある暮らしを楽しんでくださいね。

人気の記事

1

ダイエットと言えば酵素ドリンクですが、2017年頃から「コンブチャ」が大流行していますよね! 世界中のセレブ達が愛用して ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-ライフスタイル

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.