ダイエット

うらら酵素の成分と副作用について!妊婦さんや授乳中も飲んで大丈夫?

投稿日:

いまや食事以外でも酵素を取り入れることが当たり前のようになった時代。

管理栄養士や美容皮膚科医も大絶賛しているうらら酵素も、代表的な酵素サプリメントの一つですね。

インスタグラムなどのSNSでも大注目を浴びています!

 

でも、うらら酵素という名前だけは知っているけどどんな成分が入っているのか分からない、という人も多いはず。

恥ずかしながら私もその中の一人でした。

うらら酵素の成分に副作用はあるのか、妊婦さんや授乳中の人でも飲めるのか、とても気になりますよね!

 

そこで今回は、うらら酵素の成分を紹介するとともに、副作用や妊娠・授乳中の摂取についてまとめました! まだうらら酵素をよく知らない人、成分を詳しく知りたい人はぜひチェックしてくださいね!

 

うらら酵素の全成分

これがうらら酵素の全成分です。

 

加熱しない穀物麴を使用と謳っているだけに、穀物麴の配合量はかなり多いですね。

うらら酵素の特徴成分は、

  • 寿穀麴酵素
  • 273種類の食物発酵エキス
  • 酵母ペプチド

です。

簡単に説明しますね!

 

寿穀麴酵素

うらら酵素は白米、黒米、赤米、玄米、大麦、あわ、ひえ、たかきび、きびの厳選された9種類の穀物を使用しています。

加えて3種の麹菌である白麹菌、黒麹菌、黄麹菌を配合。

食物繊維やミネラルが豊富なのは言うまでもありませんね。

 

麴酵素は30種類以上にもなり、炭水化物、タンパク質、脂質の消化吸収をサポートしてくれるので、ダイエットの強い味方になること間違いなし。

穀物と麹菌の配合数は業界トップクラスですから、こちらもおすすめできる点ですね!

 

273種類の植物発酵エキス

フリーズドライ製法を用いて作られた39種類の素材と、醸造発酵された234種類の素材を使用しているのも特徴です。

フリーズドライ製法は非加熱ですから、生きたままの酵母がたっぷり。

酵素の働きをサポートするビタミンやミネラルも多く含まれるので、栄養面でも満足できるサプリメントですね。

 

酵母ペプチド

酵母ペプチドとはパンやお酒の製造に使われている酵母のこと。

なんと空腹をサポートし体内に脂肪を溜めにくくするというスゴイ役割があるんです!

 

食欲が抑えられればストレスなく理想的なダイエットができますね!

ダイエット中にイライラしてお菓子に手を伸ばす…なんて絶対に避けたいこと!

これは個人的にイチオシの成分だと思っています!!

 

その他、うらら酵素には体内環境に貢献するダイジェザイムや、糖質・脂肪分の吸収を防いでくれる酒粕酵母、腸内環境改善が見込める乳酸菌も豊富に含まれています。

これだけ嬉しい成分がたくさん入っているのですから、うらら酵素の効果を実感している声が多いことも納得ですよね。

 

うらら酵素に副作用はある?注意したい成分は?

結論から述べますと、うらら酵素は食品なので副作用が起こる可能性はとても低いのです。

しかもうらら酵素には香料・合成着色料・保存料・防腐剤・膨張剤が一切含まれていないため、人工的な化学物質を摂取する危険性もありません。

サプリメントは毎日飲むものなので、添加物フリーなのは嬉しいですね!

 

また、うらら酵素はGMP認定の国内工場で製造されています!

高品質の商品を作り続けるために、工場の管理・点検、品質管理、衛生管理、製造管理の細かい部分にまでチェック項目が用意され、製造・出荷されているのです。

 

ですから、うらら酵素の品質は保証済み!

副作用の恐れは極めて低く、うらら酵素は基本的には誰でも安心して飲めるサプリメントなんですよ。

 

ところが、口コミを調査すると、うらら酵素で体調の不良を訴えている人がいることが分かります。

その具体的な不調とは、

  • 腹痛
  • 下痢

です。

どうしてこのような症状が起こってしまうのでしょうか?

成分から考察していきますね!

 

うらら酵素で腹痛が起こる原因は?

うらら酵素で腹痛が起こってしまった、という人が少なくありません。

原因として考えられるのは、酵素や酵母、乳酸菌の影響でしょう。

 

言わずもがな酵素や酵母、乳酸菌には食物の消化吸収を助け、腸内環境を改善する作用が期待できますね。

ところが、これらが強く作用してしまったり、体質に合わなかったりすると腹痛が起こってしまう可能性があるんです。

もちろんこの症状には個人差がありますから、全ての人に起こることはないでしょう。

 

また、胃腸はストレスに弱く、その日の体調によって腹痛が引き起こされてしまう可能性もあります!

疲労が溜まっている時や、風邪を引いている時にお腹が痛くなることってありますよね?

そういう時も注意が必要です。

 

もしうらら酵素で腹痛が起きてしまい、1週間ほど経っても改善されない場合は摂取を控えた方が良いかもしれません。

根本的に体質に合わない場合は摂取をストップすることも考えてくださいね!

 

うらら酵素で下痢が起こる原因は?

腹痛の延長として下痢の症状を訴える声もありました。

原因は腹痛とほとんど同じと考えて良いかもしれません。

酵素や酵母、乳酸菌が強く作用している可能性があるでしょう。

 

また、好転反応が起こっている可能性もあります。

好転反応とは体内の有毒物質が排出される際に一時的に起こる身体反応のこと。

下痢以外の症状には、頭痛や倦怠感、めまい、吐き気などがあります。

 

もちろん、体内の毒素が排出されれば自然と治まる症状ですから心配はいりません。

数日から1週間を目安に様子を見てくださいね!

ただし長期間症状が続くのであれば、原因は他にある可能性もあります!

全く別の病気が隠れている可能性もゼロではありませんから、病院に行くことも念頭に置いてくださいね。

 

その他に考えられる副作用

腹痛や下痢の他、うらら酵素で考えられる副作用はアレルギー反応です。

原材料に257種類もの野菜・果物・生薬・ハーブなどを使っているため、その中にアレルギー食品が含まれている人は気をつけましょう!

この原料の中で言えば穀物麹、植物発酵食品、植物発酵エキスがアレルゲンとなる場合があります。

また、アルコールや酵母もアレルゲンとなるので、酒粕、酵母ペプチドもアレルギーを起こす可能性があります。

 

不安であれば摂取前にお医者さんに相談してくださいね。

 

うらら酵素を妊婦さんが飲んでも大丈夫?

うらら酵素は、先に書いた通り香料・合成着色料・保存料・防腐剤・膨張剤が入っていないので、妊婦さんでも安心して飲むことができます

おまけにビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれているので、妊娠中の栄養補給として積極的に摂取したいサプリメントですね!

妊娠中の便秘対策として飲むのもおすすめです。

 

しかし、もちろん注意点があります!

妊娠中にダイエット目的で飲むことは止めましょう。

うらら酵素だけを摂取し、他の食事をおろそかにするなんてもってのほか!

 

お腹の赤ちゃんのためにも健康を第一に考え、補助的にうらら酵素を飲んでくださいね。

 

なお、妊婦さんはホルモンバランスの影響で体調に波があります。

具合の悪いときにまで無理に摂取する必要はありませんから、その時の体調とよく相談して摂取を決めてくださいね。

 

うらら酵素を授乳中に飲んでも大丈夫?

こちらも妊婦さん同様、栄養補助のために飲むのであれば問題ありません。

過度なダイエットで栄養不足になると母乳の質が落ちてしまいますから、それは避け、普段の食事に加えてうらら酵素を飲むようにしてください。

 

また、小さい赤ちゃんは大人に比べて体内の酵素・乳酸菌の数が多くありません。

赤ちゃんの消化吸収の力をサポートしてあげられるのも、摂取する大きなメリットでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

うらら酵素は薬ではなく食品ですから、基本的には副作用はなく安心して飲めるサプリメントです。

成分の作用が強く出すぎてしまうことも稀にありますが、様子を見ながら摂取すれば大事に至ることはないでしょう。

 

また、栄養価が高いため妊婦さんや授乳中の人でも問題なく摂取できます。

いずれもアレルギーには気をつけて、毎日の食事にプラスしてうらら酵素を取り入れてみてくださいね!


うらら酵素

 

うらら酵素の実際のレビューはコチラでまとめています!

レビュー
【写真付き】うらら酵素本音の口コミと実感出来た効果とは?

今、インスタグラムなどのSNSでもバンバン画像が上がって大注目を浴びているうらら酵素。 評判が拡がって飲む人も増えてるの ...

続きを見る

 

人気の記事

1

ダイエットと言えば酵素ドリンクですが、2017年頃から「コンブチャ」が大流行していますよね! 世界中のセレブ達が愛用して ...

2

  年齢 21歳 職業 専業主婦 悩み 産後太り   酵水素328選生サプリメント、ご存じですか? ...

3

お肌に優しいミネラルファンデーション。 敏感肌の人や赤ちゃんがいる人でも安心して使えることはもちろん、肌ストレスなくメイ ...

-ダイエット

Copyright© peeeeeeeach〜ピーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.